花と絵画を同時に楽しめるクレマチスの丘

富士山のふもと、静岡県側に「クレマチスの丘」があります。名前から想像するとクレマチスの花が咲いている自然の丘のように思えます。実は、クレマチスの丘はアート・花・食をテーマとして複合施設です。花の美しさを楽しめる庭園、芸術を堪能できる美術館や文学館、地元の食材を味わえるレストラン、散策のできる自然公園などがあります。

クレマチスの丘は「クレマチスガーデン・エリア」と「ビュフェ・エリア」の2つに分かれており、それぞれに2つの美術館・文学館があります。
・クレマチスガーデン・エリア:ヴァンジ彫刻庭園美術館、IZU PHOTO MUSEUM
・ビュフェ・エリア:ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館

両エリアは徒歩でも行き来できますが、無料の巡回バスが運行されています。

敷地内への立入りは無料ですが、各施設への入館は有料です。
入館料金は以下になっています(大学生以下は割引)。
●ヴァンジ彫刻庭園美術館(庭園にクレマチスガーデンがあります)
・4月~10月:1,200円
・11月~3月:1,000円
●IZU PHOTO MUSEUM:800円
●ベルナール・ビュフェ美術館:1,000円
●井上靖文学館:500円

なお、お得に入館できる以下などの割引方法があります。
1.4施設共通の割引券が3,000円で販売されており、全てのミュージアムに入館できます。3館共通券、2館共通券もあります。

2.クレマチスの丘のメールマガジンに登録すると割引券がもらえ、入館料が最大200円割引になります。

3.年会費10,000円の年間パスポートがあり、本人と同伴者1人が1年間全施設無料になります。

●クレマチスガーデン
クレマチスガーデンは、クレマチスに焦点を当てた国内でも珍しい場所であり、約200品種のクレマチスが植えられています。5月から6月の見頃になると、ガーデン全体がクレマチスの花で覆われます。また、バラやカナールなどが彩を添え、訪問者の目を楽しませてくれます。

気になる開花状況に関しては、クレマチスガーデンの公式サイトのトップページにある「ガーデナーズリポート」に、開花状況の記事が定期的に掲載されています。また、おおよその開花時期は同じくトップページの「開花表」で確認できます。

●自然公園
ビュフェ・エリアには森林浴や散策のできる自然公園があります。お弁当を持参して、ピクニックを楽しむことができます。

●レストラン
クレマチスガーデン・エリアには4つのレストランがあり、それぞれが独自の料理を提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です